子供の折り紙パクパクの折り方

子供の折り紙パクパクの折り方
就学前にやっておくべきもの、
それは 折る、切る、貼る、縫うです
この四つのことを自分の思い道りに実行することができると、幼児期の創作活動や表現活動がじつに豊かになります。
就学後の基礎、基本が読み、書き、計算であるように、就学前の基礎の基礎だといえます。

なんてことがお母さんの「敏感期」書かれてあったので、折り紙の練習をしないと、いけない。。
5歳になった上の子
折り紙の練習をしないと。。。そうだ、この前幼稚園に行ったとき
同じクラスの子はパクパクをつくっていたけど、うちの子はまだ作れない!
というとで折り紙パクパクに挑戦しました。

ぱくぱくを作れるように2週間毎日練習をしたら一人で折れるようになりました。。
(経過)
2/8
はい、いきなりパクパクを作ることはわが子にとって難しかったようです。
基礎の三角折りからはじめました。

折り紙を置いて
ゆっくりと上の角を合わせて
左人差し指で角を押さえて、
右手人差し指を垂直になでおろす。左手はそのまま。。。。

角を合わせることはできますが、
おさえる指が上手くいきません。人差し指の腹をまだ上手く、使えなくって
手の平で折ろうとします。
15分ほどやって飽きてきました。わたしの忍耐力も限界になってきたので、
三角折は終わりにしました。

私の子供なんですぐにできるとは期待せず、
やはり、繰り返し同じことをゆっくりと分かりやすく教えていかないといけないようです。
2/10
1歳年上の女の子とうちの子が一緒に作っていたときの話です。
まず、パクパクはその子の呼び方ではぱっくんちょになっている。

折り方も子供がちゃんと折やすいようにおっている。。
私が教える折り方よりその子の折り方のほうが上の子には断然わかりやすい。

ついつい、遊びなど親目線で教えてしまうことがありますが、
子供同士だと親では気がつかないことを子供同士教えあうこともできるので、
やっぱり子供同士の遊びって大切だな〜なんて思いました。

ただ、私の知識がないだけかもしれませんが。。。
2/16
折り方はまだ雑ですが、やっと一人でパクパクを作れるようになりました。

本人も自分で折れたのがうれしいのか何度もパクパクを自分で作っていました。今まではでき〜んの連発で自分で折ることがほとんどありませんでしたが、子供がもくもく折る姿を見てちょっぴりうれしい母でした。

遊び方
私が子供のころ、
内側にいろいろ書いて遊んでいました。適当な数を言って、その回数分開いて
開いた文字(手をあげるとか、足をあげるとか)の指示に従って遊ぶんです。あと、占いとかしていました。
そのまま、たべるぞ〜なんでいってパクッとはさむだけでも喜びます


子供の折り紙パクパクの折り方
三角形に折る 三角形を二度折する 中心に合わせ三角を折る四箇所
中心に合わせ三角を四箇所折る 裏に返す
裏返して、中心に合わせ四箇所折ります
折り線をつける
親指と人差し指を入れてひらく
開き方その1
両手の親指とひとさし指の二本を入れる
折り目をつけて開く
開き方その2
赤い線のところに折り目をつけ、
ひとつづつ開いていく。
折り紙パクパク出来上がり
パクパクの出来上がり。

お金をかけない子育て折り紙パクパクの折り方しまじろうどうする?こどもちゃれんじ購入