妊娠中や乳幼児期に読んでいたら。。。と思う本
教育ままのおススメ本

妊娠中や子供が乳幼児期に読んでいれば私の子育ての方法ももっと変わったかも?
なんて思ってしまう本。
妊娠中、乳幼児期の育児などに役立ちそうな人気な本を紹介します。
鉄は熱いうちにうったほうがいいですもんね。
シアーズ博士夫妻のベビーブック
  現役の小児科医で、自らも8人の
子どもを育てたシアーズ博士と看護婦である妻マーサによる育児書。
小児科医と看護婦が科学的根拠と豊富なデータ、
子育てを経験した夫婦への取材結果をもとに述べており、
信頼できる。
内容は出産に始まり、離乳、2足歩行、トイレトレーニングまでと
0〜2歳児に関するあらゆるトピックを網羅している。
アマゾンでカスタマーのおすすめ度: ☆☆☆☆

楽天ブックスはこちらから
シアーズ博士夫妻のベビーブック
0〜4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児
ポイントは、毎日30分間、子どもと1対1で向かい合うこと。この30分は、
親と子が「会話」し、
子どもの好きなお遊びに親子で気持ちを集中させることが必要だ。
本書はまず、プログラムの対象年齢として、
0か月から4歳の子どもまで、4か月ごとの月齢別のセクションに分類
(例:0か月から3か月まで、1歳4か月から7か月まで、など)。
月齢ごとに赤ちゃんとの
最適なコミュニケーション方法やその月齢における赤ちゃんの
言語能力の発達の程度、
大人の言葉の理解力や集中力の度合いについて詳述し、
月齢に合ったおもちゃや絵本を紹介している。
アマゾンでカスタマーのおすすめ度: ☆☆☆☆
楽天ブックスはこちらから
「語りかけ」育児
抱かれる子どもはよい子に育つ―こころをはぐくむ愛の心理学
本書は、10万部突破のロングセラーとなった単行本に
、新たな情報を加えて大幅に改訂したもの。
生まれたその日から赤ちゃんの愛情本能を母親が引き出すためには? 
なぜ児童虐待のように愛情が憎しみと暴力に変わってしまうのか? 
産後のうつ状態といわれるマタニティーブルーの対処法とは? 
雅子皇太子妃殿下も実践しておられた“コアラ抱っこ”とその効用とは?など、
親子のこころを育むエピソードの数々を紹介している。
アマゾンでカスタマーのおすすめ度: ☆☆☆☆☆
楽天ブックスはこちらから
抱かれる子どもはよい子に育つ
幼稚園では遅すぎる―人生は三歳までにつくられる!    
 本書はソニーの創業者である井深大が、
自ら取り組んできた乳幼児教育研究の
まとめとして1971年に出版したものである。
 「幼児の可能性は3歳までに決まってしまう」

 この言葉の根拠は、大脳生理学や遺伝子の研究により、
しだいに明らかになってきている。
白紙の状態で生まれた赤ん坊の脳は、
その脳を稼動させるための脳細胞の配線を3歳ころまでに終えるという。
これはコンピュータでいう本体に相当する部分であり、
能力や性格はこの時期に形成される。
たとえば同じ教育を受けていても伸びる子と伸びない子の違いがでるのは、
この本体(脳)の性能の良し悪しが決まっているためなのである。それゆえに、
井深は乳幼児期の育て方の重要性を説き、
乳幼児の持つ無限の可能性を引き出すことが
何よりも大切なことだと訴える。
そして、子供の性格や才能を
血筋や遺伝と決めつけてあきらめている親たちに対して
希望の光を投げかけている。
アマゾンでカスタマーのおすすめ度: ☆☆☆☆
楽天ブックスはこちらから
幼稚園では遅すぎる
赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか―誕生から6歳まで 
従来の常識では計れないほど遙かに高い運動能力を秘めた赤ちゃんたち。
その総合的な運動能力を楽しく引き出すための実践論。

第1部 知能と密接に結びつく運動能力(世界で最も賢い人々
子どもはみな優れた運動能力を身につけられる
子どもの未来を決めるのは両親
チャンスを与えるのは、早いほどいい ほか)
第2部 赤ちゃんの身体的知能を何倍にものばすには(赤ちゃんが生まれたら
新生児の身体的知能を何倍にものばす
乳児の身体的知能を何倍にものばす
小さな赤ちゃんの身体的知能を何倍にものばす ほか)

アマゾンでカスタマーのおすすめ度: ☆☆☆☆
楽天ブックスはこちらから
赤ちゃんの運動能力をどう優秀にするか
赤ちゃんに読みをどう教えるか  

新しい情報を簡単に吸収できる赤ちゃん時代には、
お母さんと触れ合いながら楽しく読みを学べることを明確に解説。

第1章 さまざまな事実とトミー
第2章 小さな子どもは読むことを学びたがっている
第3章 小さな子どもは読むことを学ぶことができる
第4章 小さな子どもは、読むことを学んでいる
第5章 小さな子どもは、読むことを学ぶべきだ
第6章 問題なのは、読める子か、読めない子か
第7章 赤ちゃんに読みをどう教えるか
第8章 始めるのに理想的な年齢
第9章 お母さんたちからの声
第10章 楽しくやることについて

楽天ブックスはこちらから
赤ちゃんに読みをどう教えるか
赤ちゃんとお手てで話そう 親子で楽しむベイビー・サイン
ベイビー・サイン(赤ちゃん手話)を
我が子と実践している夫妻が書いたガイドブック。
アメリカの標準的な手話と日本手話をイラストで示し、
著者が子どもと実践したサインをすべて写真で紹介する。

アマゾンでカスタマーのおすすめ度: ☆☆☆☆☆
楽天ブックスはこちらから
赤ちゃんとお手てで話そう
子どもへのまなざし
乳幼児期は人間の基礎を育てる大切な時期だと、
乳幼児期の子育てに重点を置いている1冊。

乳幼児期は人格の基礎をつくるとき
子どもをとりまく社会の変化
人と育ち合う育児
こんな気持ちで子育てを
生命との出会い
乳児期に人を信頼できると子どもは順調に育つ
子どもの望んだことを満たしてあげる
幼児期は自立へのステップの時期
しつけはくり返し教えること、そして待つこと
思いやりは身近な人とともに育つ
子ども同士の遊びのなかで生まれるもの
友達と学び合う時期
思春期は自分さがしの時期
豊かな社会がもたらしたもの
保母さん、幼稚園の先生へ
お母さんへ、お父さんへ
アマゾンでカスタマーのおすすめ度: ☆☆☆☆☆

楽天ブックスはこちらから
子どもへのまなざし
思いやりある子の育て方―「まかせて」伸ばす教育のすすめ   
お母さん、子どもを大切にすることと
過保護にすることを混同していませんか?
ひらめ先生が贈る体験的教育論。

赤ちゃんにとって満足とは?
温かい心のはぐくみ方
子どもの個性を伸ばす親・妨げる親
ほめるしつけ・叱るしつけ
けんかをしない子に潜む危険
遊びの体験・生活の体験
子どもたちの目が輝いているか
遊びの中での子どもの心理的発達
「けが」のすすめ
子どもの本質とは?
自発性と思いやりを中心に
現代っ子に欠けるもの
心の悩みの現れとしての問題行動〔ほか〕

アマゾンでカスタマーのおすすめ度: ☆☆☆☆☆
楽天ブックスはこちらから
思いやりある子の育て方
爆笑マンガ&エッセイ 「出産」ってやつは―あたしたちは聖母だ!
妊娠から出産までの不安と驚きの日々。
ちゃんとママになれるかな……。
ママ予備軍と新米ママたちに贈る元気のでる赤裸々出産体験記。

アマゾンでカスタマーのおすすめ度: ☆☆☆☆☆
楽天ブックスはこちらから
「出産」ってやつは
おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと
 本書は、産婦人科医である著者が、
母親を対象に行った調査から「わが子の胎内あるいは出産時の記憶」を
まとめたものである。
1〜6才ぐらいの子どもたちがそれぞれに語る
「おなかの中にいたときのこと」「生まれたときのこと」。


アマゾンでカスタマーのおすすめ度: ☆☆☆☆☆
楽天ブックスはこちらから
おぼえているよ。ママのおなかにいたときのこと
天才児を創る!―親だからできる幼児の脳活性化法
早教育で我が子の才能を伸ばしたいと望んでいるものの、
ノウハウや時間的・経済的ゆとりがないため、
その思いを遂げられずにいる親も多いに違いない。
そんな人におすすめしたいのが本書。
早教育、天才教育についての多くの書物を読み、
「幼児にはあらゆる力が備わっている」
「読むことを覚えさせなければ知の扉は決して開かれない」と
確信した著者が、幼児の脳を活性化させる有効な方法を解説する。


アマゾンでカスタマーのおすすめ度: ☆☆☆☆
楽天ブックスはこちらから
天才児を創る!
お母さんの「敏感期」―モンテッソーリ教育は子を育てる、親を育てる
モンテッソーリ教育の本なんですが、教育論など習ったことがない
私でも吸い込まれるように読んでいます。
この本と出会てよかったと思っています。
育児でイライラする、育児に悩んでいる方は読んでみてください。

今まではいたずらをしたら、
何でいらない仕事ばかり増やすのとイライラしていましたが、
この本を読んでいたずらにもそれぞれの意味があって
やっているんだな〜なんておおらかな気持ちになることができています。
きっと子供の見方がかわると思います。イライラも軽減すると思います。
家庭
アマゾンでカスタマーのおすすめ度: ☆☆☆☆
楽天ブックスはこちらから
お母さんの「敏感期」
モンテッソーリ教育は
子を育てる、親を育てる



Click Here!


お金をかけない子育て教育ママのおススメ本トップ>妊娠中や乳幼児期に読んでいたら。。。と思う本

イライラして子供を叱り、子育てに迷ってしまう時の教育ままのおススメ本

小学校入学前、小学生の家庭学習の参考になるおススメ本