妊娠中痔になっちゃいました。妊娠中のからだの変化 の最近のブログ記事

上の子のときは痔になりませんでしたが二人目のとき痔核(いぼ痔)になっちゃいました。
妊娠6ヶ月すぎから排便のあとにちょろっとでたり、しゃがんだ時になっていました。
これはまずいと肛門のひきしめ運動をしました。
産後半年ぐらいたってよくなりましたが今後痔になる可能性もあるので
肛門周囲の筋肉を意識してたまにキュキュとおしりに力をいれて
肛門のひきしめをしています。


痔疾患には
痔核(いぼ痔)、
裂肛(きれ痔)、
痔瘻(あな痔)などがあります。

痔核は妊婦出産などが誘因となり、直腸下部や肛門に網の目状に走る静脈に重力や腹圧がかかってうっ血し
、腫れ上がる一種の「静脈瘤」で、排便時の出血や痛みなどの症状がでます。

予防としては
便秘を防ぐ。(適度の運動、食事、水分摂取)
肛門のひきしめ運動を行う

手当て:
1.ゆっくり押し込む。
2.肛門のひきしめ運動をする。
3.坐薬を使用
4.入浴

成人の約3分の1が痔持ちであるとも言われています。
痔疾患については悪化する前に専門医療機関等を受診してください
期間限定、続々登場の送料無料アイテム♪ ウィメンズパーク-ベネッセ-      
訪問ありがとうございます(#^.^#)

・お金をかけない子育て

一人50円の節約おやつ日記
子どもと一緒に自然観察
自己満足的生活節約記録
子供の教育費事情はいろいろ
旧お金をかけない子育て

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち妊娠中痔になっちゃいました。妊娠中のからだの変化 カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは妊娠中のかだらの変化 (つわり、体重増加、情緒不安定、貧血)です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。