500円玉で手品

たららららら~♪たららららら~ららら~♪。。(バックミュージック)

8c9a56ce[1].jpg

一円だまが丁度通る大きさの穴があります。
ここに一円玉より大きい500円玉を通します。

穴より500円だまのほうが大きいですよね。





a80d1a34[1].jpg

500円玉を紙の上に乗せます。







5ff6872a[1].jpg

紙を曲げると500円だまが穴に吸い込まれていってます。






309a6a69[1].jpg

見事500円玉が穴と通りぬけていきました。
拍手を~!!





図書館で借りてきた
子どもにできる科学手品50
にのっていた
通らないはずのあなをするりとぬける科学手品を子供と一緒にしました。

なぜできるかというと、
一円玉の大きさのあなをだ円形にすると、500円玉が通ります。
円の周囲は
直径×3.14ですから(懐かしい言葉です~)
500円玉の直径がその半分より小さければ、通るのです。
これは、算数の用語でいうと、楕円形の直径が500円玉の直径より大きくなるためです。
解りましたか?なんとなく解った私です。

子供も500円玉より小さい穴から500円玉が落ちるので楽しんで遊んでいました。
紙と500円だまと一円だまがあればできるので、
挑戦してみてください。

ウェブページ

ファンケルオンライン e87.com(千趣会イイハナ) hhstyle.comセシール - 3D-BRA(スリーディーブラ)      
訪問ありがとうございます(#^.^#)

・お金をかけない子育て

一人50円の節約おやつ日記
旧お金をかけない子育て
子どもと一緒に自然観察

Powered by Movable Type 4.261
Oisix(おいしっくす) e-shop WINE MARKET PARTY ブルーイン【ベビーザらス】 ミキハウス

このブログ記事について

このページは、hanaが2005年7月22日 21:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新聞ヨーヨーを作る」です。

次のブログ記事は「魚釣りゲーム 無料サイト」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。